絵馬発祥の地でもある貴船神社は、境内のあちらこちらで馬のモチーフを見かけます。
本宮には黒と白の馬の像が祀られていて、馬は願いを神さまの元へ届けるのだとか。
神社で頒布されている緑色の短冊は"結び文"と呼ばれ、願い事を書いて結んでおくというもの。

赤い糸を繋ぐ 願いにまつわるモチーフを描いています。